RX GAKUEN

PORTFOLIOポートフォリオ

学生の学修履歴や成績の修得状況に加えて、
成績には紐づかない課外活動や実習活動の記録、希望資格に対する取り組み状況等、
必要な情報に合わせて機能を選択し、可視化を実現することができます。

学修成果を可視化できる

卒業認定・学位授与に関する方針「ディプロマポリシー」を、各学部・学科で設定することができ、学生が修得した成績情報をもとに、自動的に達成度をレーダーチャートで表示できます。
学外試験スコアや、資格取得や受賞・表彰歴等も取り込むことができるため、大学の特性に応じた独自の学修ポートフォリオを構築することができます。

独自の学修ポートフォリオを構築

達成状況のシミュレーションで次の履修に繋げる

修得済みの成績に履修科目を加えた場合の、ディプロマポリシーの達成状況を学生自身でシミュレーションすることができます。
また、力を伸ばしたいディプロマポリシーがあれば、紐づく科目を確認し、次年度の履修として予約設定をすることもできます。予約設定した科目は、履修登録時に一括で履修登録することができるため、効率的な履修登録と学生の学びの向上を実現することができます。

学修ポートフォリオ
▲ 学修ポートフォリオ

活動履歴や自己評価を記録・蓄積できる

課外活動・実習記録・学修目標等を登録できるeポートフォリオを提供します。登録するフォーマットは職員により自由に作成することができ、また、利用権限が設定された教職員は登録情報の参照やコメントを登録することができます。
在学四年間の情報を蓄積することができるため、就職活動の際に自己の振り返りとして活用することもできます。

マイステップ登録
▲ マイステップ登録

資格・履修・成績情報と紐づいた履修カルテ機能

希望した資格と履修状況、成績情報に基づいて、学生が自己評価を登録したり、学修の目標・振り返り・学外活動の内容を記録していくことができます。
自己評価の指標は大学独自で設定することができ、また、学生が登録した内容に対して、教職員がコメントを登録することもできます。
教務情報を活用することで効率的かつ利便性の高い履修カルテを運用することができます。

履修カルテ
▲ 履修カルテ

教育改善活動(FD)への活用

ポートフォリオに蓄積された各種情報はデータとして出力することができるため、教育効果を測定するための根拠データとして活用することができます。

教育改善活動(FD)への活用