RX GAKUEN

FAQよくあるご質問

パッケージはプロダクト単位でご購入いただけます。
価格体系は「学生数ライセンス」で、在学生数や利用者数ではなく「収容定員数」です。
また、パッケージごとの導入支援費用や保守費用等もございます。詳細は、弊社営業までお問合せください。

事務システムGAKUEN、ポータルシステムUNIVERSAL PASSPORTのどちらをご導入いただく場合でも、
それぞれの教務プロダクトのご導入が必須となります。
入試システムのみ、ポータルシステムのみをご導入いただいている事例もあります。詳細は弊社営業までお問合せください。

GAKUENシリーズは事務システムGAKUENのみでもご導入いただけます。
ポータルシステムUNIVERSAL PASSPORTのみのご導入をご希望の場合は、教務システムからのデータ連携が
必要となりますので、詳細は弊社営業までお問合せください。
自動証明書発行機や出欠システムについては、事務システムのご導入が前提となります。

長らくご愛顧いただきましたEXシリーズはRXシリーズリリースにあたり、新規ユーザ様への販売を終了しております。
既存ユーザ様による追加購入は承っておりますので、弊社営業までお問合せください。
また、EXシリーズのラインナップおよび動作環境はこちらをご確認ください。

パッケージ提供は買い切り型、サブスクリプションサービスはサービス利用型となります。
サービス利用型(サブスクリプションサービス)は、弊社管理のクラウド環境をご利用いただくため、
サーバ管理が不要となり、常に最新バージョンを利用いただけます。
買い切り型(パッケージ提供)は、大学様ごとに最適な環境に構築するため、
各大学様独自の運用形態(バックアップや監視サーバ、冗長化等)や個別開発を行うことができます。
また購入形態も異なり、パッケージ提供の場合はプロダクトを自由に選定いただき購入いただけますが、
サブスクリプションサービスの場合は、プロダクトではなくプランを選択いただき、ご購入いただく形となります。
詳細はこちらをご確認ください。

導入するパッケージ数や種類、大学様の規模や追加開発の有無により異なります。
例えば、教務パッケージや履修登録等の教務系ポータルシステムを導入する場合は、
最低でも1年程度の期間(工期)が必要です。

可能です。ただし、追加するプロダクトによっては合わせて導入が必要なプロダクトがあります。
また、プロダクトによっては対応バージョンが異なるため、
別途バージョンアップ作業が必要となる場合もございます。詳細は、弊社営業までお問合せください。

可能です。学生はUNIVERSAL PASSPORTのほぼすべての機能をスマホブラウザで操作することができます。
教職員も緊急時の安否確認機能のみ、スマホブラウザで操作することができます。
また、学生向けの専用スマートフォンアプリもご利用いただくことができます。(別途プロダクト導入が必要)

オンライン授業にはUNIVERSAL PASSPORT授業プロダクトをご利用いただくことができます。
詳細はこちらをご確認ください。

学生の履修や成績に関連づける学修成果の可視化は、UNIVERSAL PASSPORT学修ポートフォリオプロダクトで実現することができます。履修や成績に関連しない学生生活の記録等は、マイステッププロダクトで実現することができます。
詳細はこちらをご確認ください。

大変申し訳ございませんが、WEB出願には対応しておりません。
WEB出願システムとの連携は個別開発で対応させていただきます。(別途有償)

ご用命いただければ弊社もしくは弊社販売代理店にて、最適なサーバ構成を検討してご提案いたします。
また、お客様にてご準備される場合(新規購入・既存流用)は、必要スペックを確認させていただきます。
なお、ご利用中のクライアントや管理端末等のパソコンはそのままご利用いただけます。

可能です。AWSやAzureへの構築事例もございます。
No.12同様、ご用命いただければ弊社もしくは弊社販売代理店にて、最適なサーバ構成を検討してご提案いたします。
また、お客様にてご準備される場合(新規購入・既存流用)は、必要スペックを確認させていただきます。

可能です。ご要望に応じて弊社にてカスタマイズやアドオン開発をお請けいたします。
また、開発方法によってはパッケージのバージョンアップに影響がありますので、事前にご検討をお願いしています。

可能です。UNIVERSAL PASSPORT自体のローカル認証もありますが、SAML認証にも製品標準で対応しています。
また、ご希望の認証に合わせて、個別開発を行うこともできます。(別途有償)

可能です。現在お使いの自動証明書発行機やGAKUENシリーズでは対応していないWEB出願システム等、
連携が必要な他システムがある場合は個別開発にてご対応させていただきます。(別途有償)

既存のシステムからパッケージへのデータ移行は弊社にてお請けいたします。(別途有償)
費用については、既存システムの種類やデータ量、移行回数、ご提供形式により異なります。

サポートセンターは平日9:30~17:30で開設しています。
(土日祭日・年末年始および弊社指定休日はお休みさせていただきます。)
ただし、年度開始時期等の大学様繁忙期の土曜日は開設いたします。
上記時間以外の開設については別途ご相談を承ります。

保守をご契約いただくと、サポートセンターの利用、
バージョンアップおよびリビジョンアップのライセンスを無償で提供いたします。
保守をご契約いただけない場合は、弊社からの製品サポートの一切を受けることができません。
バージョンアップ時にもすべてお買い上げ直しとなりますので、ご注意ください。

バージョンアップは、1~2年に1回の頻度でリリースしています。
バージョンアップは製品機能の追加やサーバ・クライアントOS、
ミドルウェアの最新バージョンへの対応を実施しています。
リビジョンアップは1年に2回の頻度でリリースしています。
主に制度変更対応やバグフィックス対応、仕様改善対応を実施しています。

ご要望に合わせて、現地へSEを派遣する形でのサポートや遠隔でのサポートも実施しております。(別途有償)

弊社所在地(東京・大阪)から遠地のお客様にて緊急事態が発生した場合は、
リモートツール(遠隔操作)を用いて弊社内よりSEが保守サポートを実施することが可能です。
実施の条件(ネットワーク環境等)については別途お問合せください。

プリンタに関わらず、お客様側のシステム環境変更に伴い設定変更が必要な場合は、
弊社もしくは弊社販売代理店にて有償で対応させていただきます。
ただし、お客様自身で設定変更が可能な場合は、サポートセンターにて手順提示等、ご支援させていただきます。

新規導入だけでなく、バージョンアップ時にも補助金をご活用いただいた一部事例がございます。
詳細は、弊社営業までお問合せください。

GAKUENシリーズは大学向けシステムとなっており、高等学校ではご利用いただけません。
専門学校については、弊社パッケージシステムへ運用を合わせていただくことで、ご利用いただくことができます。
詳細は、弊社営業までお問合せください。