RX GAKUEN

INFORMATION DISTRIBUTION情報配信

大学に必要なサービスすべてが集約されており、必要に応じて情報の参照や登録を行うことができます。
お知らせや休補講などの情報配信はもちろん、
各種申請やアンケート等への回答も行えるため、学生の利便性向上を図ることができます。

学生の利便性を向上できるポータルシステム

重要なお知らせや期限のある情報が分かりやすく表示されます。更新された情報はアイコンで表示されるため、直感的に情報を把握することができます。
学生はポータルトップ画面にて、その日の授業を時系列で確認することができます。授業に紐づく課題やアンケート、掲示情報を一目で確認することができ、さらに、休講や教室変更が行われた際も、授業情報に紐づく形でポータルトップ画面に表示されます。
教員の場合は、自身の担当する授業情報が一覧で表示され、履修者名簿もポータルトップ画面から確認・出力することができます。
また、ユーザ個人で自身のスケジュールを登録することもでき、その他にもポータルのデザインや表示言語、メールの受信時間等を学生自身でカスタマイズすることもできるため、学生の利便性だけでなく、満足度の向上も期待できます。

ポータルトップ
▲ ポータルトップ

スマホ専用アプリで快適な操作性を実現できる

スマートフォン専用アプリでは、お知らせや時間割がログイン後のトップ画面に表示され、授業に関する掲示や出欠状況を確認することができます。
大学からのお知らせはプッシュ通知で配信されるため、学生の掲示情報の閲覧率を向上させることができます。
課題やテスト等はアプリからSSOでスマホ版サイトへと遷移し、回答することができます。スマホアプリへログインする際はログイン情報を保存し、2回目以降はログイン情報の入力を不要にするなどの様々な設定を行うことができるため、学生の利便性向上をより期待できます。

スマホ専用アプリでお知らせや時間割を参照

豊富な学生サービス機能

アンケート回答や学生個人情報の変更申請、安否確認など、学生生活を支援するために必要な機能を豊富に備えています。また、学生の操作履歴の確認や学生・教職員に成り替わり、代理で操作できる機能も備えているため、問合せがあった場合のフォローにも簡単に対応することができます。

NEW申請業務のWeb化を実現できる

紙で運用されていた申請関連業務をWeb化することで学生によるスマートフォンでの申請と職員によるWeb上での承認を実現します。
自由に作成できる申請フォーマットにより、大学独自の申請でも柔軟に対応することができます。承認ルートは複数段階の承認フローを設定することができるため、現在の運用に合わせて汎用的に利用することができます。
また、追再試や模試等の決済が伴う申請は、専用の電子マネーシステム(UNIPA Pay)と連携してWeb決済を行うこともできます。
ペーパーレス、キャッシュレス化を促進するとともに、スピーディーなサービスも提供します。
※当機能は開発中のため、仕様変更となる可能性がございます。

申請業務のWeb化を実現

保護者向けにサービスを提供できる

保護者へのお知らせや学生の履修状況、成績、出欠状況等を公開することができます。保護者への紙通知を削減できるため、職員の業務負荷の軽減も期待できます。
また、電子マネーシステム(UNIPA Pay)と連携することで、学生の食事履歴や商品購入履歴などの確認、電子マネーへの振込を行うこともできるため、保護者サービスの強化を図ることができます。

保護者向けにサービスを提供